ちょっと待った!引越しはしないで別に倉庫を借りる術もある

需要に応じて幅広い選択が可能

ネット社会の今日、事務所を持たず各社員は自宅で仕事をすることが多くなっており、それに伴い倉庫への需要が高くなっています。倉庫と言ってもコンテナが自由に出入りできる程の大きいものもあれば、貸しロッカー程の小さいものまで様々あり、場所も運搬船からアクセスできるものもあれば、ターミナル駅から徒歩でアクセスできサラリーマンにとっても利便性がよいものまで様々です。現在、サラリーマンが利用している貸しロッカー程の大きさの倉庫は、地域によって異なりますが貸しロッカーを毎日使用する3分の1から2分の1ほどの料金で借りられます。

生活空間にゆとりが出来ます

貸しロッカータイプの倉庫は都市部にあることが多く、サラリーマン以外にもスキー道具・キャンプ道具・鯉のぼりなどシーズンオフのものを自宅に置いておけないマンション暮らしの家庭持ちなど幅広く利用されています。マンション暮らしでも単身者であれば荷物が増えても間取りの広いマンション等へ容易に引越すことが出来ますが、子供がいると通学エリアの問題や友達と別れることに躊躇うなど引越しが容易ではないため、マンションとは別に倉庫を借ります。

女性の方でも安心して利用可能

駅とか商業施設にある貸しロッカーは、利便性が良く入金さえすれば誰でも自由に利用可能ですが、貸しロッカータイプの倉庫では身元を証明する運転免許証などが必要になり、利用者の名前や住所なども記載しなくてはなりません。貸しロッカータイプの倉庫は、利用者の身元がハッキリしているため節度ある利用がされ、また利便性が求められるため都市部のビルを改装して使用されていることが多く、ビルの出入り口や屋内には監視カメラが各所に設置され女性の方でも365日24時間安心して利用できます。

物流が途絶えるとどうなるか。物が作れない。お店に物が届かない。最終的には庶民は飢えてしまう。従って国の根幹。命そのものです。